ブドウ畑の空に乾杯

タンクおばけ

c0129024_2293889.jpg


スローな金曜日.
2003年アイスワイン、ポートスタイルワインのテイスティングなどして終わる.
また、ワインの入ったタンク全てをチェックし、アルゴンしたが、
もうメルローとトゥリガナショナルのタンクから酢酸の臭いはしない.
ちゃんと二酸化炭素が出てマロラクティック発酵が進んでいる.
よかった. ワインに特に問題はなかったのだろう.
先週、特に自分の嗅覚が冴えているのを感じたのでそのせいもあるかもしれない.

醸造家ジョンも言っていることなのだが、
ものすごく鼻が利いて、どんな些細なことでも嗅ぎとってしまう、という日はある.
もちろん敏感な日があるのはいいことで、
毎日その状態でいられるのがプロと言うものかもしれないが、
人間なんだからそんなのって無理だろう.

私は毎日同じレベルの感覚を保っている、という人がいたら
その人ってベッドの中でも単調で変化のない性生活を
毎日繰り返しているんだろうかと思ってしまう.
つまんないなあそんなのって...とか何とか...(失敬)

あらゆる事象の変化を愉しむのがワインを造ったり飲んだりする愉しみにも
繋がっているようなので、

感覚を研ぎ澄ましておいた上で、その位置や在り処を意識しておくことが
この仕事をするのに大切なんだと思っている.


ワインと向き合う自分の躰も見つめなければ.



ハロウィンなので近所の子たちが来たら配るチョコレートなど買って帰る.
何と言うかハロウィンって、かぼちゃにナイフ突き立て、
血みどろの被り物などして、大人のエゴで子どもたちに肥満の元を大量に与え、
かなり残虐な催しである.
でも楽しいしワクワクしちゃうんだけど. ごめんね、お子さまたち! イヒヒ!


写真は、タンクの中にいるおばけ.

by saitomy | 2008-10-31 03:00 | タダの日記
<< ポスト・クラッシュ・パーティー 樽ロデオ >>