ブドウ畑の空に乾杯

巡る水

c0129024_16183048.jpg


何が足りないって、雨が足りない.
いつになったら雨が降ってくれるのか.
このままでは干からびてしまう.

テーブルワインのフィルタリングはおもしろかった.
0.2μm なので何もかも取り除いてしまいワインの香りまで減ってしまったが.

だがいい経験だった. 機械の使い方教わったり.
フィルター会社のおじさんがかなり魅力的な人で、次会ったら写真撮らせてもらいたい.
ちょっとした見た目はロックスターのような感じの人だった.
ちりちりパーマで長めの髪、少しやぶにらみで手術した片方の脚には金属が入っている.
骨太の体格に、声は低くて大きくよく通る.
彼は世界中のワイナリーをたずねて製品を紹介しているらしく、
いろんな場所のワイナリーの話を聞かせてもらった.
自分の生活に満足している人と話すのは気持ちのいいものだと思う.
来週は同じフィルターを使ってワークショップが行われる予定.

今日は車に乗ってラジオつけるたびに私の好きな音楽をやっており、
つい嬉しくなって帰りはギター屋に寄り道した.
これが間違いのもとで、新しいギター欲しくなってしまい困った.

その後ギター屋の並びのスーパーで買い物.
レジのお兄さんが私の身なりを見て「警察官ですか?」と聞いてきたので
違います、ワインを作る仕事ですと言ったけど信じてもらえなかった.

それにしてもいつ雨が降るのだろう.

明日は午前中で仕事を切り上げ、感謝祭の連休へ突入する予定.

by saitomy | 2008-11-25 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< drizling 錆 >>