ブドウ畑の空に乾杯

まずはタンク1基分

c0129024_11564518.jpg

c0129024_11571380.jpg


テーブルワイン、3つあるタンクのうち1つだけ終わる.
700ケース弱できたかな.
世の中にはもっと大きなワイナリーがあるのでこれくらいは大したことないのだろうが、
ボトリングは一日中動く機械の前で何かしら緊張しながら過ごすのでなかなか疲れるのだ.

学生たちも結構手伝いに来てくれるが、仕事としての責任を感じていない彼らは
やる気にムラがあるのですぐにいなくなる... 彼らの気分の波にお付き合いするのももう慣れたけど.
私だって日本では大学なんてぜーんぜん行かないような学生だったので、あまり気にならない.
軽く瓶詰めを体験して、それぞれ何かを感じたりしてくれればそれで充分かな.

何人もの人にボトリングラインの仕組みやセッティングの仕方、不具合の直し方など
いろいろ質問されたので丁寧にお答えする.
そういえば私も数年前までは何も知らなかったのに、よく分かるようになったなあ.

ワインに興味があって、おもしろいと感じていたから何でもかんでも覚えてしまった.
これからも毎日毎日、新しいことを覚えられたらいいな.

写真は、朝、濃霧のブドウ畑 と 箱詰めする男女.

by saitomy | 2008-12-02 12:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< 今日のできごと 頑固者 >>