ブドウ畑の空に乾杯

ひつこし

c0129024_15183869.jpg


ジョンとゲイルの引越しをお手伝い.

思わぬところから若かりし頃の醸造家ジョンの海軍のイヤーブックが出てきたり、
昔の恋人の写真が出てきたり、昔作ったワインが出てきたり、
その度に軽く盛り上がったりしながら3往復して荷物全部運んだ.
「思い出があるから捨てられない」のだそうで... ハァー、オトコッテ...

新しいお家は広くてとてもステキで、大きなダイニングルームは
たぶんテーブルを入れても20人以上余裕で座れるんじゃないだろうか.
年越しパーティーにお誘いを受けたが、私は旅行中で街にいないかも、プーだな...
今年はオイスターとロブスターとシャンペンだよと言われて旅行の予定を変えようかと本気で思ってしまった.

音楽部屋にはエレクトリックドラムセットとマーティンが置いてある.
醸造家ジョンはドラマーでもあるらしい.
デジタルパーカッション、もう要らないからと譲ってもらっちゃった.
ますます音楽漬け生活になるか.

夜はサルサのパフォーマンス見に行く.
そして少し踊るが、自分の下手さに嫌気がさして酒をあおりたくなる.
相手がとても上手だったので救われた. ひっさしぶりに踊った.
ふと、ワイナリーにボールルームがあるといいかもなあと思う.
酒と音楽とダンスフロアと男女...という妄想をする.

よく働きよく遊んでいる.
12月に入ったが、年末のせわしなさを全くもって感じない. どういうわけだろう.
ワイナリーの仕事は落ち着くばかりだし、
ここ数年の生活とはまったく違って、レポートも試験もないので
もう休暇を待つばかり.

冬休みが楽しみで仕方がない.

by saitomy | 2008-12-06 03:00 | タダの日記
<< Never Long Enough 10th >>