ブドウ畑の空に乾杯

タンクの底

c0129024_16384510.jpg

またテーブルワインの瓶詰め.
これで3つあるタンク全部終わった.
毎度のごとく、ボトリングラインがうまく動いてくれるように機械をおだてながらの瓶詰め.
不具合が出てもすぐに直せるようになってきたし、フィルターやポンプの使い方もきちんと理解して
ワインを無駄にすることもなくなった.
ちょっと自信がついてきたな.
出来る! 解る! って感覚はどうしてこんなにも快感なのだろうか.

帰宅後、昨日作った海老のスープを温めて食し、ベッドへ倒れこむ.
ものすごく疲れた.
人手も足りなかったし、機械を操るのは楽しい挑戦ではあるが体力が要る.

写真は、空になりそうなタンクの底.

by saitomy | 2008-12-08 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< dive! Never Long Enough >>