ブドウ畑の空に乾杯

上司と部下

c0129024_304620.jpg


昨日(木曜日)の出来事.

ジョン:「で、今日は何するの?」
私:「今日はあの樽とこの樽の状態をチェックしてブレンドして...タンク一つ満タンにして...(その他たくさんのことを列挙)」
ジョン:「そういえば窒素ガスの機械、直さなきゃいけない部品があったよね、あれ直さないと今日の作業できないんじゃない?」
私:「それはとっくに直してますよ、3週間前に...ジョン、あなたワイナリーで何が起こってるのか全然わかってないでしょう(怒)! 」
ジョン:「(笑いながら)うん...俺引っ込んでるわ...(と言って本当にワイナリーを出てオフィスに戻る)」

これが私と上司の関係です.

で、今日金曜日は醸造家ジョン病欠.

日々の仕事の内容も含めて全て任せてもらえるということは、
自分で考える能力があると認めてもらえているということなので、とても嬉しいことなのだ.
そしてワインに何が起こっているかを見極める私の感性を信頼してくれている.
それが何より嬉しい.

天気は雨、晴れ、土砂降りの雨、小雨.
ワイナリーの屋根にあたる雨粒の音を聞きながら目一杯働いてしまった.
一日のうちに何か一つでも終わらせることができた、という実感は
疲れていてもとても気持ちがいいものだ. しかし寒かったー.

週末は仕事のこと全部忘れて思いきり遊ぼう...
じゃなくて、遅れをとっている化学の勉強をしなければ~!
テストも近づいてきているし、まずいなあ.


写真は、雨がしばらく止んで、晴れてきたときのブドウ畑.



↓ ブログランキングに参加しています. 応援クリックお願いします!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

by saitomy | 2009-02-06 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< お食い初め 酒の眼 >>