ブドウ畑の空に乾杯

商魂

c0129024_174133.jpg


やっとピノ・グリを瓶詰めできた.
やっとだよ...ここまでこぎつけるのが長かったなあ.
最後の最後までいろいろあった.

というのも瓶詰め前に500ケース注文してくれていた小売店が
突然「やっぱり要らない、買いません!」と言ってきて、
そうか、じゃあテーブルワインの在庫が少ないから、ピノグリの一部を白テーブルワイン用に利用しよう、と
400ガロンくらいテーブルワインのブレンドに使ってしまった.
テーブルワインの量も質も上がってよかったね、というのが我々の結論だった.
ピノグリ単体として瓶詰めできるのは370ケースほどかな、という量になったわけ.

すると数日後に「気分が変わったので500ケース買ってもいいけど、
値段を1ケースにつき10ドル下げてくれるんだったら買ってもいいよ!」と
同じ小売店からまたメールがきた.

一度「買わない!」と言ったらこちらは慌てて値段を下げるのではないか?と思ったのだろうか.
最初から「値段の交渉をしたい」と言ってくださればいいのに...
こういうマーケティング・ゲームにつき合わされるとうんざりするというのが本音.
経済観念を持つのは大切なことだが、お金のためだけにつくっているのではないわけでして...

根幹にあるのは、つくりたい. よいモノをつくりたい. という想いです.
学生たちが与えられた環境で一番いいものをつくろうと、実験や勉強を重ねて一生懸命つくっています.

今日の瓶詰めで379ケースできました.
どこに売られていくんだろうね.
大部分は大学の売店でさばくことになるかな.
そしてどんな人たちが飲んでくれるんだろう.

それにしても、ここのところテストと重労働が続いてヘトヘト.
ジムに行って身体の調整をしたいのだが帰るとすぐに寝てしまう.
昨日も今日も夕食は特大のステーキを食しています.
食べないと動けなくなってしまうので.


↓ 応援クリック!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

by saitomy | 2009-03-19 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< スポーツ 微生物フォト >>