ブドウ畑の空に乾杯

良品連鎖 

c0129024_10502747.jpg

新しいカメラ、昨日届いた. すごく気に入っている. 大好き.
昨夜クロネコさんに届けてもらってから、バッテリーが切れるまでひとしきり遊んだ.
前のカメラにはかなり活躍してもらったし、ワイナリーで汚れたり落としたり、
クタクタになってピントも外しやすくなってきたのでこのカメラが手に入って嬉しい.

ワインを作っていても思うのだが、良いものを作る連鎖、というのがあって、
「このブドウ、おいしいなあ」「このタンク、美しくてよく出来てるなあ」
「このポンプ、使いやすい」「この樽の構造、香りの品質の高さ...すばらしい」と感じながら
仕込みやその後の管理を続けることで自分の納得いくよいワインができる.
カメラと写真の場合も同じ.

大切に作られたモノは作った人への敬意とともに、やはり大切に扱おうとするものだし、
その結果出来上がったモノは、別のモノを生み続ける原動力を長い間誰かに与えることになる.
当たり前のようでいて、いつも実現出来るわけではない、難しいこと.

だから何かを作るときは、自分の持ち場で可能な限り最高の仕事がしたいし、
よい仕事の結果出来上がってきた道具や材料を見分けて選んで使っていきたいと思っている.

よい恋人がいるとよい子供が出来るのかどうか、それは知らないんだけど.


新しいカメラではアスペクト比16:9で撮り続けてみることにする.
もちろん前のカメラも全く使わなくなるというわけではない.

by saitomy | 2010-01-14 03:00 | タダの日記
<< あそびにきて 昨日雪、 >>