ブドウ畑の空に乾杯

土に落ちる涙

畑で剪定をやらせてもらうことに.

ヤス:「はい、このカベルネ一本あげるから、切ってみな」

私:「ん...こうかな~チョキチョキ...」

ヤス:「バカ、おめえなんでそこ切ってんだ! #$%&#*&$@&%#$#!!!」

私:「え...(だって切ってみろって言ったじゃん...)」

ヤス:「枝をよく見て!!! @$%#^&*^&$#^@%$#!!!!」

中略. (多くを語りたくない.)

私:「う、う...びえー!!!(泣)なんでそうやって頭ごなしに言うの??(ボロ泣き)もうやだ@#$%&*!!!」

周囲の人たち、私が泣き出したのでびっくり.

ヤス:「ふん、泣いたっていいよ、とにかくあんな枝選ぶのは0点!
ほら、次のやつ選んでみな、どの枝2本選ぶか.」

私:「ううう~(泣)…これー(泣)」


そんな風に日が暮れて、「じゃ、みんなで温泉入りに行くか」ってなことで
辿り着いたこの温泉場の写真.

c0129024_19314226.jpg
c0129024_1932624.jpg
c0129024_19323259.jpg
c0129024_19325513.jpg


泣かせるでしょ.
間違って切っちゃったブドウさん、ごめんね.

by saitomy | 2010-03-22 03:00 | ワイン・ブドウ 日本編
<< 知ってた? よいかお >>