ブドウ畑の空に乾杯

まくのうち

c0129024_2327522.jpg


舞台観ること、本を読むこと、歌唄うこと、芸術と触れ合うことが
ワインづくりと関係ないと切り捨てる人とはきっとトモダチになれない.

たとえば歌舞伎で酒に関する台詞を聴いて、酒を飲むとは一体何哉、と考えたり、
人を楽しませる職業の何たるかを考えたり、
物語の中に古くから共通する人間の情について考えたり、
役者の身体の動きにワイナリーで役立つものを見つけたり、
考えることを忘れて感情を持って行かれたり、
何かを思い出して涙を浮かべたり、
そんなことも、仕事のうちといえばすべてそうなのだ.
全てがワインとつながっている.
私の場合.

Shinbashi enbujo.
Tokyo, Japan.

by saitomy | 2010-08-08 03:00 | ワイン・ブドウ 日本編
<< 遅れてきた紳士 空蝉 >>