ブドウ畑の空に乾杯

仕込み開始

c0129024_227964.jpg

c0129024_2282172.jpg

c0129024_2285674.jpg

c0129024_2292918.jpg

c0129024_229587.jpg

c0129024_22114596.jpg



プレス機のプログラムを組んで、醸造機器のラインをすべてつなぐ.
仕込みが始まった.
絞り具合も始めはいくつか試して今年のブドウに一番合ったもの、
それぞれの畑のブドウの状態に合ったものを選んでいる.

シャブリでは全ての畑を手摘みで収穫するドメーヌは少ないようだ.
そりゃそうだよね.これだけ畑があったら収穫の人員を確保するだけでも大変だ.
ドメーヌ・コレではグラン・クリュのみ手摘み. 他の畑は機械.
機械収穫にしたって、運転手に払う金額を教えてもらったけどとっても高額.
そして手摘みのため人を雇うとなるとその何倍もの金額.
今後もっと商売がうまくいったら効率アップのため収穫の機械をもう一台買いたいらしい.

彼らはしっかり商売、お金ということも考えているけれど、
その向かう先は仕事のし易さと効率、品質の高さとその維持、そして快適な生活.
それを何世代もずっと考え、かなりの投資もしている.

家族、というのがここではとても大切な要素だ.
醸造長ロマンくんの恋人モルガンはいま妊婦さんで、もうすぐ赤ちゃんが生まれる.
男の子だって. 名前は決めてあるけどまだ内緒だそう. 
そうなのだ、彼らが得意なのはワインを作ることだけではない.
愛し合い、子を産み(しかもすごいイケメンと美女を)、必要な教育と知恵を授け、誇りと自信と共に造ること.
続けてやってきたのはそういう事なんだと思う.

私も日本に帰ったら、ワイン以外のものを仕込もうと思うよ...フフフ
ワインばかりを作っている場合ではない. 


Domaine Collet.
ドメーヌ・ジャン・コレ・エ・フィス にて
Chablis, France.

by saitomy | 2010-09-20 03:02 | ワイン・ブドウ フランス編
<< おばあさん してきた人 >>