ブドウ畑の空に乾杯

2010年9月21日

c0129024_1674882.jpg
c0129024_1682392.jpg
c0129024_168506.jpg
c0129024_1691965.jpg


朝. 昨日プレスした果汁をカーヴに運び始めている.
濁り具合、香りや味や澱引きの速度やタイミングなどすべて勉強させてもらっている.
ラボに送ったサンプルのデータも、全て見せてもらっている.幸運だ.
澱引きが終わったら、澱の混ざった果汁をフィルタにかける.
フィルタが終わったあとの果汁がまたおいしい.

澱引きは、ぴっちり角刈りの超神経細やかな、フロランが担当.
細かすぎる、とフランス人たちからも言われているけど細かいんだから繊細な作業にはうってつけ.

フィルタは、元料理人でひょうきんな酒飲み、ジャックオーが担当.
ジャックオーはときどきフィルタの最中に居眠りなどしてフィルタを爆発させるのが得意.

愉しい人たち...人間の使い方がとても上手だなあと思う.
誰でも得意なこととそうでないことがあって、それを各ワインの製造工程にうまく活用している.
それも考え込んで振り分けるのではなく、本人たちの希望も織りまぜてごく自然に見極めている.

2枚目の写真は果汁とパーライトを混ぜる前にマスクをする筆者.

Domaine Collet.
Chablis, France.

by saitomy | 2010-09-21 03:01 | ワイン・ブドウ フランス編
<< モノ好き ロゼ・パンプルムース >>