ブドウ畑の空に乾杯

優しく起こして

c0129024_5323679.jpg

c0129024_533460.jpg


几帳面フロランは酵母の扱い方も独特.
そしてとても手際がよい. 
温度や果汁の量などは今まで見てきたやり方とあまり変わらないけど
身体や道具の使い方が違う.

酵母や果汁に対して、とても、やさしい.

一度説明しながら見せてもらった後、私も彼のやり方でいくつかのタンクに酵母添加した.
初めはのんびりし過ぎたらしく、あやうく酵母があふれるトコだった、あぶねー...
二枚目の写真がそれ.
でもこんなに速く酵母が活性化するの、見たことなかったよ. すごいな.

私は酵母が大好きで自分の仲間だと思っている.
単細胞なところや、優しく起こされるのが好きなところもよく似ている.
酵母と穏やかに会話するように扱うやり方はとても気に入った.

「何分以内に添加するのが望ましい」などという理論的な説明はなし.
酵母の様子を見れば添加するタイミングやリズムがわかるので
時計は一切見なかった上に、温度計もたった一度見ただけだ.

by saitomy | 2010-09-27 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編
<< 仕込みも終盤に 2010年9月26日 >>