ブドウ畑の空に乾杯

3つの仕事

c0129024_7202262.jpg


醸造長ロマンの携帯が鳴り、ついにまたモルガンを連れて病院へ行くことに.
シャブリにはお医者さんが4人、薬局が2軒あるが、産婦人科はないのでオーセールまで.
とうとう今日ドミニクがおばあちゃんになるのかしら.

醸造長がいないので、ドミニクと私が交代でワインを注ぐことに.
観光客も多く、英語を話すヨーロッパ人、日本人も結構来るのでワインとドメーヌの説明をしてね!と
頼まれて、何かとイベントの時は重宝される.
今回はポーランド人の紳士が熱心に味見しているので邪魔にならない程度にいろいろ説明させてもらった.
次の日彼は奥さんと二人でドメーヌに立ち寄って、84本買って行った.
お祭りの間はドメーヌの営業はしておらず、当日の販売もしていないので、お祭りが終わってからわざわざ来てくれたのがとても嬉しかった.

この仕事はまずおいしいブドウを作らなくてはいけないし、おいしいワインも作らなくてはいけないし、作ったものを売らないといけない.
その全ての過程が私にとっては愉しいのだし、自分たちの作ったものが売れる時の気持ち良さといったら、この上ないんだよね.

それにしても、赤ちゃんはまだかなあ.
頑張れ、モルガン.

写真は「ついに今日産まれそう!」というニュースに盛り上がる人々.

by saitomy | 2010-10-24 03:02 | ワイン・ブドウ フランス編
<< 誕生 官能の技巧 >>