ブドウ畑の空に乾杯

翌朝の光

c0129024_3263149.jpg

7月14日の花火は港に停泊した船の上で真正面から見た.
ヴァカンスは素晴らしい.
山に登り水に潜り、よく食べよく飲みよく眠り、周囲の人間とゆっくり話をして、
愛する人たちのことなど思い出す.
こういう経験が後で自分の作るワインに反映される.

私にとってワインは友人、家族、愛する者のためにある.
この休暇が終わってシャブリに戻ったら、向こう10年間の予定をたてよう.
やりたいことはハッキリしている.
時間はかかるが、必ずやる.

写真は花火の翌朝の光.

by saitomy | 2011-07-15 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編
<< アルケル 無題 >>