ブドウ畑の空に乾杯

蒸留懐旧

c0129024_13284015.jpg

昨日の夜から今日の午前中いっぱい、ずっとプレゼン準備.
パワーポイントのスライド完成.グループの人にメールで送る.
ああ、やだなー、金曜日プレゼンだ.人前で話すの苦手.

ちょっと時間ができたので寝ようと横になる.
が、階下でなにやら工事か掃除かしていてうるさくて眠れず.

眠たいまま登校.
ブランデーのテイスティング.
まず、世界のさまざまな蒸留酒の作り方や種類の説明を、
延々2時間近く聴かされる.
眠い.
でもいろいろ大切な基本を覚えました.
蒸留には銅の存在が欠かせないこととか、蒸留するたびに
それこそ気合入れて蒸留器を磨き上げないと
お酒にエグミが出てしまうこととか.

最後はなぜかアブサンの話から文学談義に...
緑の妖精についてちょっと考える.

そういえば家に、頂き物の190.9アメリカンプルーフのブランデーが
あるんだよなー.なんかリキュール作ろうかな.何入れよう.
いいアイディア募集.

6種類、注がれたグラスを前に座っているだけでも酔っぱらいそうだね!  と言いつつ
テイスティング.基本的な6種類だったので、こんなもんか~と確認しながら
意見交換したり.あとは品質の悪いブランデーも、香りを覚えるために嗅いでみたり.
空きっ腹だったのでさすがに飲まず、口に含んでは出す.

でも思ったけどさー、アルコールって、きれいに作られたアルコールって、
それだけでほんといい香りするんだよね.
私はほんとに酒を愛しています.
お酒を飲む行為も好きだけど、飲みながら交わす会話も大切だけど、
それ以上に、お酒そのものが好きなんだな.
ちっちゃい頃集めてた、意味のあるようなないような宝物と同じなんだよなー.
ビー玉とかどんぐりとかさ、そういうものと一緒なんだ.
とてもきれいで、透き通ったり光ったりしているもの.
それがお酒.

今日もつくづく思ったけど、どんなものでも丁寧に作るのが一番だなあ.
手を抜くとすぐに品質に出る.
普段、他人の作ったお酒について好き勝手なこと言ってるのだから、
自分が作ったときも、周りから厳しい目を向けられることは覚悟しないとな.
友だちが蒸留器持ってるので今度一緒に何か作る予定なんです.実験的にね.

授業終わり、片付け.
テイスティングで余った酒瓶に学生が集っていた.
先生が「持って帰っていいよ」と言ったから.
今の大学に入ってよかった...

授業終わって外に出ると美しい空.
写真撮りながら歩く.
何年か前、飲んだブランデーの色と香りを思い出す.
プレゼンの準備も終わったし、久しぶりにカルヴァドスでも飲もうかな~.

by saitomy | 2007-12-03 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< しろい 眠る、泥のように >>