ブドウ畑の空に乾杯

ある日曜

c0129024_15101237.jpg

昨日は夕方クラスメイト氏から電話があって、
今のおうちに越してきて初めてのお客様を迎えた.

彼はどんなに寒くても短パンで自転車に乗っているような人だ.
そしてどんなカッコいい洋服よりも、ワインその他の酒類を買うことにお金を使う.
だけど、一ヶ月間、炊いた米だけ食べ続けて
浮いた食事代をワインにつぎ込むのはどうかと思うが...
まあ彼がそうしたいのだから何も言わないけど.
そしてすばらしいお酒に出会ったときは、いつまでも目を閉じてその香りを嗅いでいる.

授業中は静かだが、朝は誰よりも早く学校に来て、
ずっと先生に質問しているのを私は知っている.

まあ要するに、その彼が、ワイン持参で来てくれた.

ワイン飲みつつ、ギター弾きつつ、喋り、歌ったり.
もちろん酒の話ばかりなのであるが.
ラムのこと書いてある本などパラパラとめくりながら、とてもメローな時間を過ごした.

ワイン醸造に関しても、そのほかのお酒づくりに関しても、
いろんなアイディアが次々に出てくるので楽しい.
でも彼の将来の成功のために、そのアイディアはここには書かないけど.

最後、カルヴァドス出してあげたらとても喜んでた.
彼は蒸留酒作りが得意で、自分で蒸留器組み立てたりする.
どこからか麹を手に入れて、sakeも造ってるらしいな、どうやら.

「そろそろ帰るわ」と言い出した頃には、外は雨で、
雨降ってるけどどうしようか、ちょっと様子を見ようなどと言っている間に
彼は眠くなったらしく、リビングのカウチで横になって寝てしまった.

後で寒かろうと思って毛布を追加で掛けにいったら
寝ぼけたまま「サンキュー...」と言ってニコッとしていた.
暗闇の中で開く男の子の眼の輝きを久しぶりに見た気がする.
美しかった.

朝になって眼が覚めたら、貸した枕と、毛布が、きちんとたたまれて置いてあって、
彼と彼の自転車は姿を消していた.
太陽が照って、でも風はとても強く、
その後はずっと天気雨が降ったりやんだりの一日だった.

by saitomy | 2008-01-27 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< シジュウカラ そのまた前は >>