ブドウ畑の空に乾杯

yep it's a small industry

c0129024_730366.jpg


この男はワイン醸造学で大学を卒業し、
しばらく地元の蒸留所で働いたあと
その仕事を辞めてバイクで旅に出た.

ロスアンゼルスを出発し、メキシコ、ガテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、
コスタリカ、パナマ、コロンビア、エクアドル、ペルー、チリ、そしてアルゼンチンと、
11カ国、1万7千マイルを 全額5,000 USドル(バイク代は除く)と
マナグアで払った22 USドルの賄賂で渡った.

そして今チリのワイナリーで300円くらいの時給で働いている.


チリからメール.

「よう、蜘蛛に脚を刺されて手術に3日かかった。というわけでここ2週間くらい働いていない。
治療費はものすごく安かった、だから大した問題じゃない。
夏の間は何してる?俺の方はそろそろ次のプランを考える時期だ。
近いうちにワインを何本か持ってそっちへ寄るから、一緒に飲もう。」

どうやら今の仕事を辞めてまたどこかに移動するらしい.

酒づくりの知識と技術があれば、世界のあちこちで仕事ができる.
特にワイン産業は狭い世界だから、人とのつながりや縁を大切にして
欲張りさえしなければ、様々なチャンスは与えられる.

そんな安心感を手に持って、彼はこれからも旅を続ける.

写真は、彼の住んでた家で遊んだ時のもの.

by saitomy | 2008-05-10 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< 夫婦の肖像 宴の余韻に浸っている場合ではないが >>