ブドウ畑の空に乾杯

遅々として進まず

c0129024_13511950.jpg

c0129024_142655.jpg


結局、バルベーラ2種類ともまだボトリングできていない.
一つは味も香りも決まってあとはブレンドして瓶詰めするだけ、というところまでいったのだが、
ラベルを間違えて発注していたことがギリギリになって発覚.
ラベルを作るのも法律上の決まりごとなどがいろいろあるので、
承認を受けて、出来上がって届くまでに最低10日はかかる.
と言うわけで、一度大き目のタンクに一まとめにしたワインをまた樽に戻す.
こんなに動かしたら絶対、味が変わると思う.
私としては、各段階での味見をすることができるので儲けものだし、
毎日早くおうちに帰れているのが嬉しいけど.

ラベルのことでちょっと思い出した話.
ワイン官能評価のクラスで、あるワイナリーの2種類の赤ワインを比べて調査した.
ワイナリーの名前は言わないけど、まあ結構知られているところ.
一つの商品は色鮮やかだけど気取らないラベルがついて9ドルほど.
もう一つのほうは、やや重厚感のあるラベルで、20ドルほど.

ブラインドテイスティングしたら、
99パーセントの人が「2つのワインは同じだと思う」と答えた.
ひょっとして...と思って2種類のワインの成分を調べた.
とても、とても、とっても近い数値が出た.

うん、たぶんラベルを換えただけだろうね.たぶんだけど.

恐ろしい世界である.

あるワイナリーに勤めていた経験のある学生は実際にボトリングの現場で
ラベルだけ交換してるところを見たことがある、と言っていた.

ひどい話である.
買う人にも失礼だろうが、心からワインを愛して正直に造っている人に対しても失礼な話じゃないのか.

ワインビジネスとは、金儲けとは、なんぞや.



写真は、樽からワインを移動してるところ と 昨日テイスティングしたトライアル.
一つのボトルをタンクと見立てて、いろんなものを混ぜたりして実験しているわけです.
ひとつだけ、酸化しかけたような香りが和らいで、少し良くなったサンプルがありました.
果たして胸張って出せる製品にできるのだろうか.
トライアルのやり方については、また今度書きます.

2日連続で大して働かなかったので体力が余ってしょうがなく、ジムで走って汗を流した.

これでよく眠れるはず.

おやすみなさい.

by saitomy | 2008-06-17 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< 未来の選択肢 Alive and Well >>