ブドウ畑の空に乾杯

門前の小僧

c0129024_2485789.jpg


夏休みを終えて戻ってきた学生たちがワイナリーに顔を見せ始めている.
とても学びたい気持ちが強く、いろんな作業に関わりたいようなので
どんどんやらせてあげたいと思う.

私自身も去年の夏、ふらりとワイナリーに入ってきた学生の一人だった.
初めは掃除くらいしか出来ることがなかったが、そのうち掃除の合間に誰かの仕事ぶりに目を向ける余裕も出てきた.

働いている人たちはとても優しく親切だったし、どんな質問にも丁寧に答えてくれた.
私は果たして彼らのように心を開いて辛抱強くいられるだろうか.

覚えた仕事はみんなで共有すればいいんだ.
ワインを作るよろこびは みんなのものだ.

根気よくワイナリーに来続ける人にはきっといいことがあるよ.
がんばってね.

シラーの発酵がとても早く進んだので、今日プレスできた.
なんと週末は休めることに! ありがとうイースト菌、休日をくれて.

同僚たちにパーティーへ誘われたが(どこにそんな体力が残っているのかね...)
断ってゆっくり過ごすことにした.

本読みながらいつの間にか寝ていた.

by saitomy | 2008-08-15 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< 資本と投資 それでも続く >>