ブドウ畑の空に乾杯

幻影

c0129024_11521528.jpg

カニの落し物はどうしようかに。名前を決めた。カプチとノマニ。そして天狗の形をして赤い木魚を叩く。体の大きさにあったギターが必要だな。それはピカソの描くギタールのようなものだね。今のよりもうちょっと薄くないとダメだ。だっておっぱい邪魔なんだもの。ケータイ開くたびにポクッて木魚音。しにゆくすべてのものへ。カプチ。のまに。かぷち。のまに。触ってはいけない、ということなんてない。つい触ろうとしてしまう。自然と手が伸びる。たぶんそういうものなのだ。もっと歳をとったら、どうなるのだろう。気持ちとカラダは、どうなるのだろう。ノマニとカプチ。それぞれの二人の間には、何かが生まれたり生まれなかったりするが、その生まれなかった何かすら、全てがかけがえのないものだ。美しくても、楽しくても、醜くても、狡くても、哀しくても、それはすべて本物だ。

by saitomy | 2008-08-17 03:00 | タダの日記
<< 厄日 資本と投資 >>