ブドウ畑の空に乾杯

9/12/08

c0129024_1416177.jpg
c0129024_14161896.jpg
c0129024_14164112.jpg


Barbera8トン, Petite Verdot 2トン.

ブドウの到着が遅くなって夕方になってから仕込みを始めたので、また夜遅くなった.

この間仕込んだバルベーラの出来が悪かったのでやむなく安価ワインに格下げしたため、
今回のバルベーラは特に注意して選別をした.

もう曜日の感覚も時間の感覚もよく分からなくなっている.
どうしてこんなことをやっているのかも、よく分からない.
なんでワインなんか作ってるんだろう.
でもやっぱり好きなんだな.
仕事やめちゃおうとは思わないもんな.

もう少し、学生のこととか気にせずに小さい規模でワインを作ってみたいなあ.
ここではどうしても一つひとつの仕事のレベルを高いところに保つのが難しい.
たくさんの学生の動きを一つひとつじっと見守るわけにもいかないし、
ワインだけでなく機材や道具も大切に扱ってくれない学生もいるし、
それなりのワインしかできない.

今はこれで仕方が無い.
将来、今の学生たちが偉大な醸造家になったときには「あいつは私が教えたんだ」って自慢しよう.

今は誰も怪我しないように気をつけよう.

いい人間がいなければいいワインも生まれないのだから.

by saitomy | 2008-09-12 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編
<< 切実 9/11/08 >>