ブドウ畑の空に乾杯

<   2008年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧


ワイナリーツアー(セントラルコースト)11 最終回

Alma Rosa で集合.
早く着きすぎたのでギター弾いて時間をつぶす.
まだ空気が冷たい.
とても静かで美しい場所.
c0129024_142122.jpg


Richard Sanford氏はとても穏やかに話す.
彼の名前がついているサンフォードワイナリーは今は彼のものではないんだそう.

プリンセスという名前の猫がいて...でかい.後ろ姿がタヌキみたい.
c0129024_1462031.jpg


ワインは別の場所で醸造家を雇って作らせているらしい.
今の時期は2週間に一回くらい様子を見に行くんだと言っていました.
c0129024_151026.jpg

c0129024_1511995.jpg


外でテイスティングさせていただくことに.ここのワインは全部スクリューキャップ.
c0129024_1514135.jpg


車で移動.La Encantada Vineyard を見に行く.
c0129024_1543464.jpg


c0129024_1564980.jpg

c0129024_1573417.jpg

オーガニック栽培だそうです.
c0129024_158580.jpg

c0129024_2105795.jpg

c0129024_1583045.jpg

c0129024_1584966.jpg


無事にフィールドスタディ終了.
クラスメイトたちともっと仲良くなれたし、たくさんいいことがありました.

快く見学させてくださったワイナリーの方々に感謝します.
ありがとうございました.

帰途につきました.こんな景色がずっと続く.
c0129024_1593577.jpg

c0129024_223028.jpg

c0129024_224570.jpg

c0129024_23485.jpg

c0129024_232751.jpg

c0129024_234868.jpg

c0129024_24234.jpg


おしまい.

by saitomy | 2008-03-20 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)7

ワイナリーを3軒訪れる日.
朝8時半に一軒目のワイナリー集合だったのでちょっと早起きして出かける.
霧だ.
c0129024_15151896.jpg

あっ、晴れてきた.
c0129024_1516968.jpg

c0129024_15162967.jpg

セントラルコーストの景色は美しい.
ナパよりもソノマよりも、この地域が好きだ.
c0129024_15195842.jpg

c0129024_15201822.jpg

道に迷ってちょっと遅刻しました.
でも男の子たちの中には飲みすぎたらしく来なかった人も...
Zaca Mesa Winery.うちの学部の卒業生も働いています.
c0129024_15205313.jpg

c0129024_15232518.jpg

c0129024_15241824.jpg

仕込みについての説明などを聴いたあと、
朝から10種類くらいワインをテイスティングさせていただく.
ありがたいんだけど...ちょっと飲みすぎてます.
c0129024_15255978.jpg

この景色に囲まれて仕事できたらステキだろうね.
休憩時間に巨大チェスやったりしてさ.(妄想)
c0129024_15253114.jpg

つづく.

by saitomy | 2008-03-19 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)8

前回の続き.
2軒目のワイナリーはFess Parker.
c0129024_11303688.jpg

おもしろい道具とかいっぱいあったなー.設備は少しずつ増やして行ったらしいです.
大借金しないと無理なんだろうなー、うひゃー.
c0129024_11311217.jpg

c0129024_1132826.jpg

タンク並んでるの見るとワクワクしちゃうよ.
空港で飛行機並んでるの見る時と似てる感じのワクワク.
c0129024_11323526.jpg

覗き込んでるのは我が大学のワインマスター、
ケン・フューゲルサン氏(今回の旅の引率者).
c0129024_1133181.jpg

こんな発酵槽見たことなかった.
c0129024_1145298.jpg

これも発酵槽.中はプラスチックみたいな材質.
ドライアイスを放り込んで温度管理とかするって言ってたかな.
c0129024_1151935.jpg

バレルルームも見せていただく.
c0129024_11493516.jpg

樽の管理はバーコードと手書きでやっていました.
c0129024_11552335.jpg

まだ完成していないVIP用テイスティングルームでテイスティング.
しかーし、醸造家が熱弁をふるったシラーの出来にほとんどの人が納得できず...
しら~っと...(ごめん、くだらなくて)
c0129024_1222828.jpg

テイスティングルームを抜け出して、畑の観察を一人でしていました.
c0129024_1232045.jpg

c0129024_1242053.jpg

c0129024_1245954.jpg

↓これどうやってるかわかる?
右と左の樹はつながってるんだよー、よく見てみて!
伸ばした枝を一回土に潜らせてるのー.
(このやり方、専門用語でなんと呼ばれるのですか?誰か教えてください.)
追記:「取木(とりき)」と呼ばれるそうです.
別に珍しいことじゃないけど、見たことない人もいるかもしれないので写真載せときますね.
c0129024_1252587.jpg

ちょうど草刈りしていました.草刈後.
c0129024_12112638.jpg

c0129024_12121450.jpg

c0129024_12124487.jpg


お昼休憩は名前も知らない町のカントリーストアでサンドイッチを注文して作ってもらう.
これが結構いけた.美味かったです.
c0129024_1214224.jpg


なんか段々つまんない旅の記録になってきたけど...
残るワイナリーはあと2軒です.
最終日の1軒がとても美しい場所でした.

もうすこしだけ つづく.

by saitomy | 2008-03-19 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)9

前回の続き.
まずは動画で景色をお楽しみください.
音楽つけようかとも思ったのだけど、BGMはご自由に.ということで.


そしてCambriaへ. 巨大ワイナリー.
Estateなのでここで育てたブドウを使って、
ここで醸造熟成全ての工程を行い、ここで瓶詰めされてるらしい.
それから他のワイナリーからワインを預かったりもしているそう.
c0129024_13333947.jpg

なんとブドウは全部手摘みで(古い畑で機械収穫用に作られていないんだそうな)
毎年それだけのために何百人と人を雇うらしい.話を聴いているとすさまじいわ.
畑の労働者は察するにメキシコなどからの移民がほとんどで、
法律上問題ないように気を使ったりもするみたい.
c0129024_1114789.jpg

これだけ大量につくって品質管理するのって大変だろうなあ...
それぞれの機械の大きさからして全然違う.
タンクの冷却にはアンモニアを使っていたり...(結構壊れることもあって危険らしい)
c0129024_11163642.jpg

建物の中にもズラーッとタンクが...いくつあるんだろ...
c0129024_11174320.jpg

そして樽が...
c0129024_11201056.jpg

まだ...
c0129024_11211697.jpg

まだまだ...
c0129024_11204895.jpg

これどころじゃないです、まだまだありました.
学生はみんなこの施設のでかさにお口あんぐり.
c0129024_11224533.jpg

ボトリングラインはそれほど大きくはなかった.これで十分なのかな.へえ~.
最後にテイスティングをさせていただく.
テイスティングルームでは、全員かなりしっかりIDチェックされた.
いやーしっかりしてます.
これだけでかいと、いろんな部分で守りに入らざるを得ないんじゃないだろうか...
これでフィールドスタディの3日目がやっと終わり.

まだつづく.

by saitomy | 2008-03-19 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)10

ソルヴァングへ戻って、旅のお買い物など.
c0129024_13471690.jpg

どこに旅しても、行き着いた場所で
とにかく本屋さんに行くことにしている.
たくさんおもしろい本を見つけた.
カリフォルニアの水源のこと書いてある本と、カリフォルニアオークの本.
アジアン野菜の本.この地域のワイナリー案内本.
その他何冊か、自分へのお土産として買う.重かったけど.
別にこの町じゃなくても買えるんだけど、でもいいの.だってこれも出会いだからさ.
店内ではギシギシ音を立てる階段を上ると
2階がアンデルセン博物館になっていました.
古本なんかもたくさん置いてあって楽しい.
c0129024_13484298.jpg


また適当に歩いていると
ちょうどファーマーズマーケットをやっていた.
果物、花がたくさん.
イチゴひと籠を買って食べながら歩く.
c0129024_13502976.jpg


旅の散歩は格別.
あれこれやりたいことはあっても、無理に予定を詰め込んだりせずゆったり過ごすのが好き.
何かやり残したことがある方が、また旅をしてここへ来てみたいと思えるからいい.
たとえこれを最後にこの地を踏めなかったとしても...それはそれでいい.

歩きながらいろんなことを考える.
どういうわけか旅の最中に思い出すのは、
別の場所を旅していた頃の些細な一場面だったりする.
あ、劇場だ.
c0129024_13524312.jpg

誰もいない.
c0129024_135446100.jpg


さあ、明日がフィールドトリップ最終日.
c0129024_1413575.jpg


次のエントリーは、ワイナリーツアーの最終回です.

by saitomy | 2008-03-19 03:00

ワイナリーツアー(セントラルコースト)6

前回のつづき.
午前中は自由時間.
せっかくなのでAebleskiver(エーブルスキーヴァー)など食べる.
ソルヴァングという町は個人経営のパン屋さんやカフェがいっぱい.
スターバックスの入り込む余地なし.
c0129024_15412093.jpg

一緒にカフェに行ったペイジちゃんは二日酔いでダウン気味.
そりゃそーだろ、昨晩あれだけ飲めば...
ホテルに戻って仮眠の後、Lompocにある
Wine Ghetto(ワインゲットー)と呼ばれる場所へ.
c0129024_15452823.jpg

こんな倉庫みたいな場所で、いくつかのワイナリーがひしめきあって存在しています.
洒落っ気とかはあまりないけど、共同で汚水処理やゴミ処理をしているところは
いいなー、と思いました.一つひとつのワイナリーは小さいけれど、
これだけのスペースがあれば立派にワインがつくれるんだよね.
日本は土地が高いと思うので参考になる部分もあるかも.
まずはLongoriaへ.ここはローナが働いていた場所.
c0129024_15504911.jpg

明日、結婚記念日だというクラスメイツ、マークとキャシー.
たまたま「記念日おめでとう」のサインがあったので写真を一枚.
彼らは授業中もいつも一緒.将来どんなワイン作ってくれるんだろうね.楽しみだな.
c0129024_15511213.jpg

ピノノワールの、培養酵母を加えたものと加えていないものをテイスティングさせてもらう.
いやー、おもしろいね、同じブドウでもはっきりと違いが出るんだよなあ...
c0129024_155664.jpg

とても丁寧に質問に答えたりしていただく.ここの醸造家の人間性がとても好きになりました.
Ganimedeタンクも使ってみたらしいけど、あまりうまく結果が出なかったみたい.
どうなんだろうねー、どの方法が一番いいんだろう...
タンク一つ買うのにも、すごくお金かかるしねえ.
c0129024_15593180.jpg

c0129024_1632552.jpg


次は、同じ敷地内にあるもう一軒のワイナリーPalminaへ.
c0129024_1645645.jpg

熱く語るブドウ栽培のこと.テイスティングもさせてもらった.
畑も見せてもらう.
c0129024_1665893.jpg

とても背の高い彼.みんながちっちゃく見える...
訪れたワイナリーはどこもみんな親切で、いろんなことを教えてくれた.
ワイン業界の将来を担う学生たちにはなんでも教えてあげる、という
ケチケチしてない姿勢がとても好き.
c0129024_1683875.jpg


今日も一日おつかれさまでした.昨日行ったバーの隣にあるイタリアン食べに行く.
c0129024_1693080.jpg

モニーク、今日は運転ありがと.
c0129024_16253526.jpg

ここまででやっとフィールドスタディの2日目が終了.
c0129024_16131278.jpg


もうちょっとつづく.

by saitomy | 2008-03-18 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)4

c0129024_14485763.jpg

午前中、Honea Vineyardsにて、この地域の地形や気候についての
大まかな説明をしてもらう.ほんとに美しい場所.
ここのおっちゃんはむちゃくちゃオモロイ人だった.
c0129024_14534135.jpg

c0129024_14493128.jpg

坊主頭のコーディーが着ているTシャツは、彼のご両親経営のワイナリーのもの.
せ、宣伝かよ!! ちゃっかりしてんなー.
c0129024_14505823.jpg

c0129024_14511890.jpg

c0129024_1614371.jpg

c0129024_14522540.jpg



時間があいたのでミッションを見学に行く.
カリフォルニアの歴史のことをちょっと考えて、なんともいえない気持ちになる.

c0129024_1529644.jpg

c0129024_1458338.jpg

c0129024_15293060.jpg


Beckman Vineyardsのテイスティングルームでいろいろ質問したあと、
醸造施設を見学させてもらう.小さなワイナリー.
くつろぎすぎて写真撮るのを忘れがちに...
ブドウ畑はかなり極端な感じで実験的なことをやったりしていた.
c0129024_14552992.jpg

芝生で憩いのひととき...
c0129024_14593670.jpg

そのうち誰かが「次のワイナリーまでは時間があるから
一杯やりに行こうぜ」と言い始める.
c0129024_1504739.jpg

もちろん、断る奴は一人もいない.地元のバーへ.
この日はSt. Patrick's Dayだったので
Irish Car Bombを所望する.
こういう感じのバーテンダーのおねえさんは田舎町では結構よく見かけます.
c0129024_1542788.jpg

アイリッシュカーボムはね、こういうやつだよ.
ジェムソンウィスキーとベイリーズアイリッシュクリームをショットグラスにいれて...
c0129024_1593391.jpg

ビールグラスにギネスを半分くらい.
c0129024_1595466.jpg

カンパ~イ!ショットグラスをビールに落として、固まらないうちにさっさと飲み干す!
このあと、もちろんわたくしもいただきやした~.
別においしいもんでもないけどね.
風物詩、風物詩.
c0129024_15102160.jpg

c0129024_15104443.jpg

酔っぱらいついで、記念に一ドル紙幣を貼り付けてみた.
c0129024_1511834.jpg

そしてヨッパライは日付を間違えてるけど...まあいいや.
Happy St. Patrick's Day!!

最後のすばらしい一枚は、ローレンとモニーク.
c0129024_15565866.jpg


つづく.

by saitomy | 2008-03-17 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)5

前回のつづき...バーでくつろいだ後もう一軒ワイナリーへ.
c0129024_19234729.jpg

Gainey Vineyardにて.ブドウ畑とワイナリー見学.
c0129024_19303427.jpg

大きめ、そしてきれいなワイナリーだった.新しい畑も見せてもらう.
c0129024_1931240.jpg

建物もいろいろ考えて設計されていたのがおもしろかった、
移動式の仕込みタンクとか、高い屋根とか、タンクの高さとか、二酸化炭素対策、排水溝...
c0129024_19335661.jpg

c0129024_19342578.jpg

c0129024_19345240.jpg

c0129024_1935178.jpg

コンセプトはとてもよく分かる.
でも働く人が動きやすいかどうかは知らないけど.
c0129024_19354578.jpg

c0129024_19365067.jpg

c0129024_19371387.jpg

c0129024_1938142.jpg

ラボは小さくて、でもきれいだ.
c0129024_19382047.jpg

テイスティング2種類させていただく.

ホテルに戻り、夜はカチュマ湖でキャンプをしている人たちのところへ遊びに行く.
c0129024_19415441.jpg

c0129024_19421883.jpg

映像も撮ったけれど、あまりにひどくて(会話の内容が)載せられません.ハハハ.
ちょっとだけワイルドでした.
あたしはギター弾いて歌ったりしてた.
誰かは頭に懐中電灯つけて、狸を追いかけて木に登って怪我したりしてた.アホか!

つづく.

by saitomy | 2008-03-17 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)

Solvangというところに来ています.
泊まりがけでフィールドスタディ.
明日はたぶん、近くのブドウ畑で誰かのお話を聴いて、その後ワイナリー2軒かな?
道中はクラスメイトが運転してくれたので写真がたくさん撮れた.
いろんなことを考えました.
これだけの大きさの土地を目の前にしたときの人間の気持ちとか、
アメリカという国のこととか、そこに住む人たちのあり様.
大切な人たちのことや、じぶんにとって何が大切なのだろうということ.

やっぱり旅はいろんなことを気づかせてくれる.

また写真撮ってくるね.

今回の旅はギター持参してます.

ではまた、ごきげんよう.

c0129024_14554285.jpg

c0129024_1456826.jpg

c0129024_14562970.jpg

c0129024_14565474.jpg

c0129024_14573275.jpg

c0129024_14575272.jpg

c0129024_1458145.jpg

c0129024_14583711.jpg

c0129024_1459817.jpg

c0129024_14593574.jpg


by saitomy | 2008-03-16 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

ワイナリーツアー(セントラルコースト)2

続きの写真.
まだまだ車は走り続ける.
海だ!
雨だ!
c0129024_1261044.jpg

c0129024_12401833.jpg

c0129024_12403679.jpg

c0129024_1241431.jpg

c0129024_12452217.jpg

c0129024_1245468.jpg

c0129024_12462428.jpg

c0129024_12464128.jpg

c0129024_1247980.jpg

c0129024_12473795.jpg

c0129024_12475995.jpg

c0129024_12482296.jpg

c0129024_12484636.jpg

c0129024_1249925.jpg

c0129024_12493455.jpg


by saitomy | 2008-03-16 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編