ブドウ畑の空に乾杯

<   2010年 10月 ( 54 )   > この月の画像一覧


そうだ

c0129024_6492675.jpg


パリへ向かうので、今朝はドメーヌ・コレの腕利き秘書、マリー・ガブリエルが車に便乗していったのだった.
彼女はシャルル・ド・ゴール空港から北京、上海へのプロモーションへ旅立っていった.
写真は空港への道すがら.

by saitomy | 2010-10-31 03:01 | ワイン・ブドウ フランス編

パリへ

c0129024_4584650.jpg


3連休なので、パリの近くに住むデルフィーヌちゃんのアパートへ.
デルフィーヌちゃんとその恋人ロマンくんの住処に、
ジル、ドミニク、そしてジルの妹ヤニックとその息子たちトマとティボーが
寝袋持参で押しかけ、泊まる.
そこになぜかいる私...まるで養子にしてもらったようでありがたいです.
なんでこんなにいい人達なんだろ.

さて、ここでも赤ちゃんポールの誕生を祝ってシャンパーニュを飲んだのだが、
いったい彼の誕生からどれだけのシャンパーニュを開けたのか、見当もつかない.
たぶんもう軽く200本はいっているのではないか.

写真は、シャンパーニュというのはこれくらいの年齢から注がせると、うまくサービスできるようになります.という例.

by saitomy | 2010-10-30 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

そういうもの

c0129024_028029.jpg


どうして数カ月前の記事しか読めないのですか、という質問を度々受けるのだが、
とれたものからすぐに出来上がらないのがワインであり、このブログなのです.
過去と現在と未来の詰まったこのお酒を、じっくり愉しんでね.

by saitomy | 2010-10-29 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

無題

c0129024_652315.jpg


by saitomy | 2010-10-29 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

無題

c0129024_16591715.jpg

c0129024_16594896.jpg


by saitomy | 2010-10-29 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

発送前

c0129024_774913.jpg


これ個人宅(といってもお城なんだけど、本物の)からの注文.
クリスマスや新年のお祝いに、周囲の人たちや家族へ毎年シャブリをプレゼントしているらしい.
誰かに毎年贈りたい、と思ってもらえるのは大切なことだね.

by saitomy | 2010-10-28 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

ご対面

c0129024_1563716.jpg

c0129024_158406.jpg


初めてポールくんに会いに行くと、すでにたくさん人が来ていてシャンパーニュを飲んでいた.
赤ちゃんを起こさないように、囁き声で話す人々のグラスの中で、シャンパーニュの泡が踊る.
眠る赤ちゃんの側には、畑で使うトラクターのおもちゃが.
フランスでは、ドメーヌの息子や娘に生まれてくると、トラクターの免許はとらなくていいって知ってた?

by saitomy | 2010-10-25 03:02 | ワイン・ブドウ フランス編

誕生

c0129024_720161.jpg

お祭りが終わったその夜に、ドメーヌの後継者候補が生まれてまた大騒ぎ.
零時半に赤ん坊が生まれて、朝の3時に電話がかかってきて、それからすぐにシャンパーニュを5本、
醸造長ロマンも家に帰ってきたので地下のカーヴに行ってヴィンテージポートを2本.
その後親戚宅を何件か訪問しつつクロワッサンとコーヒー、リキュール、お茶.
そのままドメーヌで仕事をして、夕方にオーセールまで行って
やっと赤ちゃんに会うことができた.
名前はポールだって.

上の写真は、クロワッサンを買いに行ったパン屋で祝福される、おじいちゃんになったジル・コレ.

みんなすっぴんパジャマ姿だけど、幸せな写真がたくさん撮れたので小さくして載せちゃう.

c0129024_7231064.jpg

c0129024_7241049.jpg

c0129024_7252629.jpg

c0129024_7255382.jpg


by saitomy | 2010-10-25 03:00 | ワイン・ブドウ フランス編

3つの仕事

c0129024_7202262.jpg


醸造長ロマンの携帯が鳴り、ついにまたモルガンを連れて病院へ行くことに.
シャブリにはお医者さんが4人、薬局が2軒あるが、産婦人科はないのでオーセールまで.
とうとう今日ドミニクがおばあちゃんになるのかしら.

醸造長がいないので、ドミニクと私が交代でワインを注ぐことに.
観光客も多く、英語を話すヨーロッパ人、日本人も結構来るのでワインとドメーヌの説明をしてね!と
頼まれて、何かとイベントの時は重宝される.
今回はポーランド人の紳士が熱心に味見しているので邪魔にならない程度にいろいろ説明させてもらった.
次の日彼は奥さんと二人でドメーヌに立ち寄って、84本買って行った.
お祭りの間はドメーヌの営業はしておらず、当日の販売もしていないので、お祭りが終わってからわざわざ来てくれたのがとても嬉しかった.

この仕事はまずおいしいブドウを作らなくてはいけないし、おいしいワインも作らなくてはいけないし、作ったものを売らないといけない.
その全ての過程が私にとっては愉しいのだし、自分たちの作ったものが売れる時の気持ち良さといったら、この上ないんだよね.

それにしても、赤ちゃんはまだかなあ.
頑張れ、モルガン.

写真は「ついに今日産まれそう!」というニュースに盛り上がる人々.

by saitomy | 2010-10-24 03:02 | ワイン・ブドウ フランス編

官能の技巧

c0129024_6105863.jpg
c0129024_6124047.jpg


ワインの中に好きなものの香りを見つけると、嬉しくなるでしょ?
これはもっと嬉しくなるための練習みたいなもんかな.
この世界には、実に様々な香りが存在している.
好きな香りのこと、考えてみて.

by saitomy | 2010-10-24 03:01 | ワイン・ブドウ フランス編