ブドウ畑の空に乾杯

一皿の料理

お金がないから外食は少ない。
でも勉強だから、たまにどこかへ食べに行く。
お金をためて、おめかしして、地図でレストランの場所をしらべて、
迷子になりながら車を運転する。

c0129024_13383782.jpg


できれば迷子を一緒に楽しんでくれたり、
ゆっくりと話のできる友人や恋人と一緒が愉しい。
何を食べさせてくれるのかな、とワクワクしながらメニューを眺めて。
不味そうなものでも、ちょいと危なそうなものでも、とにかく食べてみることにしている。
どうしても口に入れられないような時は、匂いだけでも嗅いでおく。

たまに、とんでもなく感動することがある。涙が出ちゃうときもある。

そんな目の前にある一皿の料理ができあがるまでに、どんな出来事があったのか。
食材を育てた土や水や日の光、それに加わった人間の技術や力、
料理人の哲学と腕、笑顔と時間を共有できる、調和のとれた空間。

そんなことも感じながら、食べてみてね。

忙しい人は、毎回じゃなくてもいいから、
せめて好きな人と食事をするときぐらいは、
ちらっとでいいから、そんなことを考えてみてね。

# by saitomy | 2007-08-04 03:00 | 飲食

仕込み開始

c0129024_9402633.jpg

おはようございまーす。今年初めての仕込み(クラッシュと呼んでいます)。今年もいよいよ始まるぞ!という格別の雰囲気に包まれます。まずはひたすら機械やタンクの洗浄から。

c0129024_945766.jpg

タンクの殺菌・洗浄。

c0129024_945539.jpg

熱湯に注意してくださーい。ワイナリーの作業も、安全第一。

c0129024_101474.jpg

圧搾機。大学のワイナリーの機材の多くは地元企業からの寄付だったりします。

c0129024_1004681.jpg

圧搾機のプログラムをセット。

c0129024_9504039.jpg

収穫されたブドウ。マスカット・カネリです。全部で12トン以上は、あったかな。

c0129024_9521683.jpg

いい天気、だけどすっごく暑い。摘み取ったブドウの温度が上がらないように気を使いました。

c0129024_1003183.jpg

さあ、いくぞー!

c0129024_9541721.jpg

品質の悪いブドウや、紛れ込んだ葉っぱ、レーズンになりかかった粒を取り除き、圧搾機(プレス)に入れます。

c0129024_106056.jpg

美しいブドウが、次々と空高く運ばれていく。

c0129024_106181.jpg

ちょっと見えにくいけれど、圧搾機に落ちていくブドウ。圧搾機の口が狭いから使いづらいと文句をいいつつ作業は続く。

c0129024_1042145.jpg

ついおしゃべりに夢中になり、ブドウを詰め込み過ぎてしまった。まあまあ、失敗は誰にでもありますから。苦笑い。

c0129024_10472430.jpg

圧搾された果汁はポンプを使ってタンクへと入れられます。

c0129024_107266.jpg

ブドウの搾りかす。たい肥に使います。

c0129024_8113075.jpg

全ての作業、掃除が済んだのは、辺りがすっかり暗くなって、日付が替わった後でした。夜、今年初めての仕込みだから写真を撮ろう!といって撮った記念写真。右端が筆者。でもさー、この日ちゃんと働いてたのは4人だけなんだよー。他の奴らは、写真だけ写りにきたの!!

# by saitomy | 2007-08-02 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編

新ブログ開設します!

c0129024_2372130.jpg
カリフォルニアで留学を始めて3年半が経ちました。ワイン醸造学(Enology)を勉強しています。大学生活にも慣れ、楽しいこと学ぶこと一杯の日々です。そりゃ、たまにはへこむことだってあるけど…。このブログでは、写真を中心に、ワイナリーでの作業、日々の暮らしで目に映った光景などを紹介していきたいと思います。

コメント、トラックバックは今のところ受け付けておりません。
(管理・返信がすぐにできないためです。)
筆者に連絡をとりたい方は、メールにてお願いいたします。
ブログの感想など、大歓迎です。
現メールアドレスへのリンクはページの右側、「メモ」欄に記載しています。

齋藤まゆ

# by saitomy | 2007-08-01 03:00 | ワイン・ブドウ アメリカ編